特に女性の場合は、どんな形であれ妊活をしている間は、お

特に女性の場合は、どんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。それはどうしてかといいますと、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠に気づく前に、お酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり体を冷やす作用もあるため妊活中の女性にとっては避けるべきものだからです。妊娠中の全期間を通して赤ちゃんが問題なく育つために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。何といっても「葉」なのでキャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、毎日の献立の中に上手く取り入れてください。

他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために妊娠初期から多めに摂っていく必要があるくらい大事なものです。



多くの製薬会社や健康食品会社で主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、注意しなければならないのは、買うときに葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので合成添加物や香料を排除した身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。食事や運動などの生活習慣の改善などいわゆる「妊活」という努力をし続けていると、徐々にやる気がなくなってくる人もいるだろうと思います。その場合にはリフレッシュの為に子宝神社参りがおすすめです。ためしに神様に頼んでみることも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。

貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると思う方が多いかもしれませんが、実際は様々な原因による貧血があり、摂った鉄分が足りないことばかりが貧血につながるとも限りません。

葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は鉄分と並行して葉酸を摂ると貧血改善が進むというケースも実際にあります。

最近、妊活に効果的な方法としてお灸への注目度が高まってきています。伝統の鍼灸療法によって妊娠しやすい体づくりが出来るうえ、副作用を持たないという点もいいですね。

妊活に効くとされているツボは多数あり、ご自宅で個人で出来るようなお灸も売っているので簡単に取り入れられるようになりました。まずは一度、トライしてみませんか。
ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は意識して妊娠初期に摂取することで順調に胎児の細胞分裂が進むなど順調な発育を促す作用があるのは一般に知られています。葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に豊富に含まれるのですが、サプリメントを活用すると上手に摂れますので妊娠を望んだときから、妊娠中までの女性に毎日コツコツ摂取することをおすすめします。果物を食べる事は妊活中であっても良い効果が望めますから、実施していただきたいですね。



でも、どうせ食べるのなら、より妊活のためになるような果物の摂取ができるなら、さらに良いですよね。


ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷えをとってくれるものが存在します。

例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、そのまま食べる事が難しいという場合は、加工されたドライフルーツでも良いですから、ぜひ積極的に摂取してみてください。体温を上昇させることや代謝を活発化させることで、体はより妊娠しやすくなります。

あまり運動はしないという妊活中の女性はすすんで運動をしてください。


きつい運動ではなくストレッチあるいはヨガなど、緩やかな動きのものがいいでしょう。


今日ではヨガスタジオの中で「妊活ヨガ」なるものも登場しており、話題になっているそうです。

妊活中にもかかわらず、コーヒーのような飲み物が好きで、飲み続けている方は注意が必要です。コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やしてしまうという効果を持ちます。

体内の冷えというものは血行不良を招いてしまい、妊娠の際に重要な子宮の機能低下を起こすのです。コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインの摂取しすぎには注意してください。