結婚したら、できるだけ早く妊娠したかった

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、同じことが書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。
いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、摂りすぎに注意していれば授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。


いつにも増して妊活の最中は出来るだけストレスを溜めこまないことが重要です。そう考えると、バスタイムにリラックスすることは効果的ですが体への負荷を少なくするということを考えた場合、長すぎる入浴時間や熱すぎるお湯は控えた方がいいでしょう。
熱というものは、実は良くない影響を体に与えます。



食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、葉酸をたくさん摂るためだけに特定の食材だけ毎日食べていくというのもちょっと考えられない話です。



誰にでもできる葉酸の摂取方法として、スムージーはいかがでしょうか。

普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、りんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも大変良いことは、ご存知かと思います。
とはいえ、なんとなく摂取するよりも、さらに妊活に効果が出るような食べ方ができるなら、さらに良いですよね。調べてみてわかったのですが、果物には冷えをとってくれるものが存在します。代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。

季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。
特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。



けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだというやや厳しい指摘があります。



葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から欠かさず葉酸を摂取していることが順調な発育のために欠かせないからです。理想的には、子供が欲しいと思ったら葉酸を摂り始めることが摂取による効果を考えると大事でしょう。ビタミンB群である葉酸は、レバー、ほうれん草などに豊富に含まれているのですがそればかり毎日食べるのもあり得ないことで、どうしても摂取が不足してしまいます。
葉酸摂取のために押さえておいてほしいのは、食事だけを頼りにして所要量を満たそうと考えず、上手に栄養補助食品などを使っていくべきです。



自分の食生活や生活習慣をよく考え、葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、心身ともに打たれ弱くなってしまいます。

もしも結果がずっと出ない場合は、中にはうつ症状が出る人もいます。



不妊の最大の原因はストレスだとも考えられています。不妊治療をしなくなったら、ストレスから解放され、間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。妊活が原因でつらい思いをしないようにストレスを溜めないようにしながら継続することが重要です。サプリメントの一つに、マカというものがあります。
これは何かというと、男性のスタミナアップの効果が期待できるだけではありません。妊活を頑張っている女性の、血行を良くするような効果が期待できるので、体を妊娠しやすい状態に整えられます。

そして、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、基礎体温も正常な変化を示すようになり、安定したコンディション作りに有用であると言えるでしょう。医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸サプリを購入して飲み始めました。



病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいとせかされたのですが、いつまでサプリメントを飲めば良いのかについては最後まで何も言われなかったのです。ですから、1袋が終わったところでサプリメントは終了にしていました。


最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、再開したのです。どうして貧血になるかというと食事の中で鉄分を摂れていないからだと一般的には考えられていますが実は、貧血の原因は多様で鉄分が足りないことだけが貧血を引き起こすとは言えません。葉酸不足による貧血も少なくないので、薬などによる鉄分摂取だけでは、貧血の改善が見られないとすれば鉄分と並行して葉酸を摂ると良質の赤血球が増えてくる可能性もあります。