カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中に

カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中には避けたいですよね。
そういった場合に、ハーブティーで代用という方が多いです。



その一番の理由として、ハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。



例を挙げると、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。加えて、リラックスした気分になれる効果も期待できます。ストレスは妊活の大敵ですが、そういったものを解消してくれるでしょう。葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら胃に何も入っていない食間なのです。


一日分の摂取量を一度に摂るよりも、上手に分けて摂った方が効果を発揮できるといわれています。
また、一日の中では就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため一番良いとされます。妊活で大事なことは毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。


毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、今、身体がどんな状態であるのか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、または妊娠の可能性だったり排卵日だったりといった重要な情報を知ることができるでしょう。
蛇足ではありますが、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測ると知る事ができます。

お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。

葉酸は赤ちゃんが母体内で育つのに重要な役割を果たすだけでなく、出産後の母子双方にも必要なものです。



最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸が特に必要になるため、可能ならば、妊娠を考え始めたときから葉酸を積極的に摂り続けると望ましいと言えます。妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるのでサプリなどを補助的に使って、必要な量を確保しましょう。妊活を行っている時は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。

一方、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。

また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。



妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。

すなわち、冷えが厳禁の妊活においては避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。とはいっても、コーヒーを控えると逆にイライラするという場合は、ストレスを無くすことを優先して、2、3杯を目安に飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。

女性の妊活時は日常的に飲む飲み物にも配慮しましょう。成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床しにくくなったり体の冷えの原因にもなるので妊活時の飲み物としては適していません。体を温めてくれるような効果を持つお茶のうちカフェインが入っていないものを飲むのがいいです。


ミネラル豊富なルイボスティーや漢方としても知られているたんぽぽ茶などがいいでしょう。

第二子が欲しいとなんとなく思いながら3年経過しても妊娠しなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこれをチャンスと捉え洗いざらい調べてもらい、何もみつからなければ妊活し始めようと二人で話し合って決断したのですが、思い返してみると、この話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業によってもたらされる結果です。

ということは、妊活での男性の役割は大変重要だということです。実際に子供を産むというのが女性だからといって、ともすると主体的に女性が行うことと思われがちですが、男性の頑張りが足りなければ妊活成功の可能性が下がってしまいます。妊活とは子供を授かるための対策で、妊娠の仕組みについてよく理解したうえで出来るだけ仕組みをコントロールするものだともいえるのです。また、最優先すべきもの、それは栄養だというのはゆるぎない事実です。


とは言え、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということはなかなかできるものではありません。


そんな時に使えるのがサプリメントです。

最近は妊娠を目的とした、いわゆる妊活サプリと呼ばれるものも出ました。