あなたは「妊活」という言葉を知っています

あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。



自明のことですが、性交することで必ず妊娠が成立するということはなく、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって妊娠しやすくするための対策であると言えます。

加えて、元気な子供を授かるためのいろいろな対策のことも含んで使われます。


子供を持とうと妊活に励む人は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。

例を挙げると、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。


そこのお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。また、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、いくつかのお守りを持ってみるというのもいいかもしれないですよ。



いうまでもないことですが、妊娠あるいは出産というのは、夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。これは何を意味するかというと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。
男性は出産できませんから、下手をすると、女の人の活動だと考えられることが多いですが、夫の協力が得られなければ、妊活が成功する確率は下がってしまうでしょう。
葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに豊富だとされますが、継続して摂るとすれば無理があって、ちょっとのことで摂取不足になってしまいます。


所要量の葉酸を毎日摂りたいと思えば、日々の食事に頼って所要量を満たそうと考えず、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。


葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。忙しく暮らしている妊活中の女性に脚光を浴びているのが、妊活アプリなるものです。手軽に基礎体温の記録が可能だったり、排卵日の見通しを立てる事ができるなど、上手にアプリの機能を活用すれば手間が省けて効果的です。女性のみかと思われるかもしれませんが、男性用のアプリも作成されています。妊娠しやすいのはいつなのか予想を立てられるものもあるので子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう。妊活中の女性には葉酸を毎日摂っていくことが推奨されます。その重要な理由としては、赤ちゃんが先天性の障害を持つ可能性を下げられるからです。ただし、過剰摂取したときの影響が悩ましいところです。

子供が生まれてきた後、喘息などが起きやすくなるという説もあります。葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。


様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意が必要なのは、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスによる筋肉の緊張は、血流が悪くなってしまいます。
そうすると、妊娠に関与する、卵巣や子宮の機能は低下してしまいます。



仕事を続けていてストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方はこの際、休職してしまうことも考えてみてはどうですか。妊娠初期に特に多く摂りたいと、葉酸は有名になっています。葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。
海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから日々の食事で、少量でも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。


イチゴは葉酸を豊富に含んだ食材なので、おやつならイチゴが良いでしょう。なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減ってきます。生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、ずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。

ですから、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。
本当に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。



ご自身の年齢や、医師と相談の上、一時的に休んでみることもいいかもしれません。
妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。



多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体を温める必要のある妊活中にはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。



ですが、コーヒーを飲まないとイライラしてしまうという場合は、ストレスを無くすことを優先して、過剰摂取にならない1日3杯程度までを満喫するのが良いでしょう。