お子さんをほしがっているご夫

お子さんをほしがっているご夫婦に、注目される栄養素の一つが葉酸です。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、細胞分裂を盛んにするためにも陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。


子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。いま妊活されている方は、薬の服用において注意が必要な場合があります。


一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば妊活中であっても服用に問題はありません。



しかし、安易な服用が問題になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。
とは言っても、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、どのような薬を服用する場合でも、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが良いでしょう。



自分、もしくは、夫に不妊症があると分かってから妊活をスタートすると、あまりにも長期戦となってきてしまうと心が疲弊していきます。



そこで何年と期間を設定したうえで、徹底して夫婦で協力して頑張っていこうと最初にしっかり話し合っておくことが最も上手くいくかもしれません。妊活の期間を設定しておくことで、夫婦でよく話し合って決めたことだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い続けることができます。待望の子供を授かって、身体には本当に気を遣いました。とりわけ妊娠初期は注意しなさいと何度も実家や病院で聞いていたためです。いろいろなサイトや雑誌をチェックすると、葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、思い立ったとき、すぐにサプリメントを買いました。つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、サプリメントは薬ではないので葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思います。
妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。


では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、理想としては、授乳が終わるまでの期間でしょう。
それは長すぎるというならば、どんなに短くても妊娠中期までは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。
というのも、葉酸は胎児だけでなくお母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので欠乏による病気や不調を起こさないように常に気をつけるべきだからです。
日々忙しい妊活中の女性達に脚光を浴びているのが、妊活アプリなるものです。基礎体温のデータを保存することが出来たり、大体の排卵日の予想までしてくれたりとアプリを工夫して活用することで妊活に役立てることが可能です。女性のみならず、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。


妊娠する可能性が高い日を教えてくれるものもあり、自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。とりわけ妊婦の場合、胎児の順調な発育のため欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。


「葉」の「酸」なので、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、意外な供給源は果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎食、確実に摂れると良いですね。
コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。
確かに例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、体を温める必要のある妊活中には止めておいた方が良いのは間違いありません。

でも、今までコーヒーをいつでも飲んでいて我慢できないという人も居ると思います。そんな場合はストレスが妊活に悪影響を与えないように、1日に2、3杯のコーヒーを楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは良い効果が望めますから、実施していただきたいですね。

でも、どうせ食べるのなら、より妊活のためになるような果物の摂取ができれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。



ご存知ないかもしれませんが、果物の中には冷え性の改善が期待できるものがあります。例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、とは言っても、いつでも生のものを入手できるとは限りませんよね。そういう場合は、加工されたドライフルーツでも良いですから、ぜひ積極的に摂取してみてください。なかなか妊活の結果が出ないと、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。


ストレスがあることにより生殖機能が低下させられますので、そのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

ですので、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。本当に、妊活休止後、間もなくして妊娠することが出来たという人はよくいます。ご自身の年齢を考慮し、医師ともよく相談をして、一時的に休んでみることもいいかもしれません。