葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一

葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血液循環をよくすることは有名でしょう。血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰や肩の痛みやコリ、冷え性、不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、もしそうした症状にお悩みなら葉酸を多めに摂るようにしてみると良くなるケースも結構あるようです。
その際、ビタミンEの摂取も行うと血行改善の効果はさらに高くなります。



心と体のバランスを整えてくれるアロマは、妊活にも効果があります。



待合室にアロマを使っているような病院さえ出てきているのです。

妊活中の女性の人気を集めているのがローズのアロマです。

ホルモンバランスの乱れを是正して、ストレス解消に効果があるアロマです。
不安な気持ちを軽減し、女性ホルモンの分泌をよくするイランイランも妊活には効果的でしょう。女の子を授かることを目指し、男女産み分けについて、本もサイトも徹底的にチェックしたのです。例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど中には相当怪しいものもありましたが、がんばってできることを全て実践しました。そのうちに新しい命が授かり、ひどいつわりに悩まされたときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか元気な女の子が生まれてきたのです。


妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないとあちこちで聞かれますが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。
受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。
従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、胎児が健康に育って、無事に生まれてくるためにも重要な役割を果たすものなので、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸内環境が良くないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素は吸収されず、十分に体内で働かなくなります。



様々な栄養素が、腸内細菌の正常な働きで体内に吸収されるので、栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も考えた方がいいでしょう。


私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。


初めは静観していましたが、少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「男性が飲んでも意味がない。
妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」とあっさり言われました。しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうとこっそりサプリメントを飲み始めました。



サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので無意識のうちにそれがストレスとなって自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで起きるというのが一般的な説ですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となるケースもあるとされています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減するために役立っており、つわりの症状を抑えるのにも有効だと考えてください。お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方もけっこう見受けられます。

当然知らなければならないのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。その名前からしても、葉酸は確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。


果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。



マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児の発育が阻害されるリスクを高めてしまいます。ことに神経管閉鎖障害という異常を引き起こすことがあって、障害が重いと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。

こうした神経系障害を少しでも防ぐために妊娠初期のうちに葉酸をしっかり摂っていくことが必要です。布ナプキンをご存知でしょうか。布ナプキンと言って連想されることといえば使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、となかなか使う気になれないという人も多いのではないでしょうか。



しかしながら、布ナプキンというものは下着と同じで、布でできているので、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。
このことから、ストレス軽減、冷え防止といった、妊活中の女性には大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。